基本的な情報!給与と休日

全国で働く長距離ドライバーは高収入だが休みが取りにくい

ドライバー求人を探す際には、給与と休日といった基本的な情報をしっかりと調べて、就職後に長く勤められそうか判断することが大切です。一般的に、全国で働く長距離ドライバーは、勤務時間が不規則で業務がハードなため高収入を得やすいものの、一年を通じてまとまった休みを取りにくいといった特徴があります。そのため、給料を重視して長距離ドライバーの仕事を選ぶ際は、繁忙期でも決まった曜日に休みが取れるところや、仮眠時間を確保できる会社を就職先に決めるのがおすすめです。また、派遣社員やアルバイトの雇用形態を選択する場合は、ボーナスや手当の支給がない会社もあるため、給料に関することを面接の際にきちんと確認しておく必要があります。

定時までに仕事を終えたい人は配送ドライバーがおすすめ

配送ドライバーの仕事は、長距離ドライバーと比較すると給料が低い傾向がありますが、定時までに仕事が終わることが多く、プライベートの時間を充実させたい人におすすめです。また、業務の中で軽トラックを主に使用する会社に就職をする場合には、大型免許や中型免許を持っていなくても、一人前に業務を任せてもらうことが可能です。配送ドライバーが不足している会社の中には、パートやアルバイトとして週に2日から働けるところや、出勤をする曜日や時間帯を選択できるところもあります。そのため、自分らしく配送ドライバーの仕事を続けたい人は、年間を通して勤務シフトの希望を出すことができるところを勤務先の候補に選ぶと良いでしょう。